弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS 職場の必需品 プラチナ デスクペン

<<   作成日時 : 2007/01/20 11:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

プラチナ・デスクペンお気に入り度:5(5点満点)

 職場の支給品です。恐らくパイロットの方がシェアは高いのかな、と思いますが(今の職場はパイロットで一本化されました)、前の職場ではプラチナも置いてありました。これは、転勤時に1本余分にくすねてきたものです(コラ)。1本735円の再生品です。

 以前は、パイロットのもの(これも1本735円の再生品)を使っていました。しかし、パイロットのは、書き味はまずまずですが、紙の繊維を咬むクセがあり、特に添削で丸付けなどしようものなら、すぐに咬んだ紙の繊維にインクが伝わって、超極太字に大変身!するのです(使った人なら経験があるはず)。当時はまだ西洋紙(グレーがかった粗悪な紙。「ザラ紙」と呼ばれていた)が主だったので、万年筆系はインクがにじんでしまって使えなかったという事情もあり(鉛筆と油性ボールペンしか使えなかった!)。

 で、最近になって、紙もPPC用紙で一本化され、以前よりはずっとよい紙環境になり、自分で買ったDAKS万年筆も使いつつ、支給品のデスクペンも使うようになったのですが、これがまたカリカリと小気味よい書き味で。気に入ってしまったのです(パイロットのはPPC用紙でも繊維を咬むので×)。

 万年筆を使うようになってから改めてこのプラチナのデスクペンを見てみると、よくできたものだなぁ、と感心します。軸は疲れない程度にほどよい太さで、軽い樹脂製ながらも長い尻軸のおかげか筆記バランスもまずまず。プラチナの場合、インクカートリッジの「マジックボール」がなんとなくいい味を出していて、値段はものすごく安いのに高級感さえ感じてしまいます。

 ペン先は、70年代のプラチナ万年筆と同じデザインで、イリジウムのペン先が省かれています極細のペンポイントがしっかり付いています(ペンポイントが省かれている、というのは誤認でした)。100均で売ってる「e-pen」みたいないい加減なものではなく、書き味は70年代のプラチナらしい、鉛筆のようなサラサラした書き味。この700円のやつは極細しかないのですが、この極細具合が絶妙で(ハイテックCの0.4と同じくらい?)、どんな書類を作成するにもバッチリです。すごく細いのに、紙の繊維を咬まないのが不思議ですが(インクフローにも助けられているかも)、そのおかげで何を書いてもストレスを感じません。筆者は現在自腹でカーボンブラックを入れていますが、(もし職場にまだ残っていれば)昔のくすんだブルーブラックなんかを入れてもいい味が出ますよ〜。

 子供用の入門編のペリカノJr.もいいですけど、国産品をバカにする前に、「大人用の入門編」としてプラチナのデスクペン、いかがですか?ペリカノJr.より500円安いよ(笑)。

この万年筆に似合うインク…プラチナのカーボンブラック、レッド古いブルーブラック

プラチナ・デスクペン使用中の同志
ちゃんネルDays→Click! デスクペンからセルロイドへと…同じ道!

デスクペン原稿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
懐かしいです
>昔のくすんだブルーブラック
母親が使っていて九十年代に探したけど無くて身悶えした代物です
買わないで帰るのもアレで、使い切れないほどブルーとブラックが…
回転の悪い店の品はインクのボールの口が黄ばんでました。
デスクペンの軸が長いものもありましたね。外せるモノ。
たこぺん
2009/04/11 16:11
 たこぺんさん、初めまして。ご訪問ありがとうございます。(^^)/

●インクボールの口
 そこが劣化すると、インクが空になってカートリッジを引き抜くときに「口」だけが取れてペン芯側に残ってしまうことがあります。マジックボールはプラチナの画期的なアイデアではありましたが、意外に構造上の弱点でもあったりするんですよね。

●尻軸の外せるデスクペン
 恐らく、「リージェンシー」のことかな、と思います。今となってはかなりのレアもので、高値で取引されることもあるようです。

 ある万年筆屋の店主が、未使用品を箱ごと持っていて、自慢げに見せてくれたことがあります。「売りたくない」と言っていたような記憶があります。(笑)
しまみゅーら
2009/04/11 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
職場の必需品 プラチナ デスクペン 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる