弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

help RSS まさにアメリカンテイスト! コンクリン・グライダーコレクション(F)

<<   作成日時 : 2007/12/17 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

コンクリン・グライダーお気に入り度:5(5点満点)

 『トム・ソーヤの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』で有名な作家マーク・トゥエインはコンクリンの万年筆を愛用していたと言われています。コンクリンといえばクレセントフィラーが有名ですが、現在発売されているコンクリンのペンには、それ以外にも非常に豊富なバリエーションがあります(多くはかつてのモデルの復刻版)。コンクリンのサイトでたくさんの製品の写真を見ることができますが、実に色鮮やかな品揃えで、見ているだけで楽しくなってくるような、そんな持ち味が現在のコンクリンのあり方なのかな、と思います。

コンクリン・グライダー このグライダー・コレクションは、妻(当時恋人)からプレゼントとしてもらったもの。アクアマリンという色ですが、美しいブルーマーブルのレジン製の軸がひときわ目をひきます。オートから「アメリカンテイスト」というボールペンが発売されていますが、まさにあんな感じの色合いで、一目で「ああ、きれいだな」と一目惚れしてしまう、そんな魅力があります。


カスタム742と比較 実物を手にとってみると、その大きさにも驚きます。葉巻型のパイロット・カスタム742と比べると、ストレート型の軸・キャップは非常に長く、太い印象を与えます(実際の寸法も長い)。キャップを外して手にとってみると、筆者の手持ちの中では珍しく、キャップを尻軸に差さなくても筆記できるちょうどよいサイズ。同じ価格帯の国産品はキャップを尻軸に差しても手に余裕があるものがほとんどですが、この万年筆は、手にきっちり「遊び」のない持ち心地で、長時間書くにはいい感じのサイズになっています(あくまで筆者の手のサイズでは、ということですが)。


グライダー・ペンs先 ペン先のサイズも、特大です。ペン先・ペン芯ともスティピュラの(14K/18K)ペン先と同等の大きさで、形もよく似ています。ステンレス製で、「しなり」こそ感じないものの、しっかり感と滑らかさはなかなかのもの。Fの字幅も海外製品にしては十分に細く(パイロットのFくらい)、日本語がとても書きやすいです。大柄なボディに大柄なペン先、そして細字。この組み合わせは日本語を書くときには「アリ」です。大きなペンなのに、意外な軽快感と取り回しのよさがあります。


 昔、トヨタがアメリカ・GMの「キャバリエ」というクルマを売り出していたことがありました。試乗した感じ、2.4Lもある大きなエンジンを積んでいながら、これが意外に軽快で楽しい乗り味でした。それに似たような、と言ってしまうと乱暴すぎるかもしれませんが、アメリカンテイストというのは、意外に日本人にとっては軽快で快適な使い心地なのかもしれません。

 日本人がアメリカナイズされているなら、意外でもないか。

 一つ欠点を挙げるなら、それはキャップの気密性です。ネジ切りの精度が低く、インナーキャップも付いていないので、ペン先がとても乾きやすいです。毎日使う、それが一番の対策になると思いますが、ちょっと眼を離したすきにインクが出なくなってしまうことがよくあるので、要注意です。

グライダー刻印 そんな欠点はありますが、大きくて書きやすいペンをお探しなら、一度は手にとってみる価値があると思います。東急ハンズでズラッと並んでいるのを見ると、色がとにかく多彩で、品揃えを見ているだけでも愉しいです。イタリア製品とはまた一味違った原色系のカラフルさが大きな魅力です。

このペンに似合うインク…ウォーターマン・ブルーブラック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コンクリンの古いクレセント・フィラーの万年筆を入手しました。
軸が割れたのを接着剤でくっつけてあるそうです。
でも、エボナイトのチェイス軸はいいですよ。
刻印もほぼはっきり読めます。

エボナイトはだいぶ曇っていますけど・・・ここで磨いてはいけません。
誘惑には駆られますがね・・、刻印が消えていきますから。。。
そのあたりが実用品とコレクション品の境目でしょうね。
パイロットのシグネチャーニブより太字のようです。
二右衛門半
2007/12/28 21:10
私も実は、最近クレセントフィラーのを入手しまして。たぶん、似たようなチェイス柄のエボナイト製です。ペン先がずいぶんお辞儀しててびっくりしました。書き味は調整しないとイマイチですが、エボナイトの曇り具合いもいい感じで気に入ってます。
しまみゅーら
2007/12/30 10:46
お辞儀??
それはもしかして曲がっているだけかも?
ペン先から垂直落下させてあるのでは?

うちのは段差ができているので調整しないと使えません。
段差が生じるというのは柔らかいニブである証左ですね。
二右衛門半
2007/12/30 15:59
 書き味がざらついていてインクフローも悪いので曲がっているだけかな、とも思うのですが、すっごくキレイにお辞儀していて、かっこいいんですよ!だから、このまま使うことにします(笑)。

 それにしても、クレセントフィラーは使いやすいですね!他の方式のようにワンアクションはさまなくてもいいので、気に入っております。ポケットに入れると、ふとした拍子に押されてインクが爆発しそうですが(^^;)。
しまみゅーら
2008/01/04 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
まさにアメリカンテイスト! コンクリン・グライダーコレクション(F) 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]