弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS この冬のニューカマー1 MINOLTA AF 28mm F2.8

<<   作成日時 : 2016/12/29 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

AF28/2.8お気に入り度:4(5点満点)

 また冬の無駄遣いの季節がやって来ました(殴)。一つ目は、ミノルタの単焦点、AF 28mm F2.8です。

 実は、ペンタックスのFA43mm F1.9 Limitedでペンタックスが言うところの「真の標準レンズ」、つまりコマの対角線と同じ焦点距離のレンズをAPS-Cで欲しいな、という気持ちでいました。APS-Cの対角線は29mmなので、それに近いものを探してみました。α57でいえば、現行レンズではDT30mm F2.8 Macroか、シグマのA 30mm F1.4。そして、中古では、DG 28mm F1.8 Macroかミノルタ時代の28mm F2.8が浮かんできたわけです。

 スペック的に一番FA43mmに近いのはシグマのDG 28mm F2.8 Macroなんですが、フルサイズ対応でちょっとでかいんですよね。DT30/2.8 Macroは、使い方を考えるとものすごく使いやすそうなレンズで、新品で買ってもそんなにしないから、いいかなー、なんて思っていたのですが、さすがにミノルタのAF 28/2.8は、平凡な広角レンズということで、漱石さん3名ほどで入手できる!という破格の安さに惹かれ、こちらにしました。

α57にて

 届いてみたレンズ、状態は完璧で、しかもレンズケースまで付いていました。α57に付けたら、これまたドンピシャなサイズ!デジ一はとかくボディの厚みがあるのでパンケーキレンズって似合わないんですが、このくらいのサイズなら違和感なく馴染みます。

α-7にて もちろんミノルタ時代のレンズですから、フルサイズ対応ですし、フィルムのα-7でも使えます。α-7にはちょっと小さいかな、という感じもしますが、広角レンズとしてはいい感じに使いやすい焦点距離ではないかな、と思います。(あ、TC-1とはかぶりますね、そういえば)


シン・標準

 それでは、ペンタックスが提唱する「シン・標準」(殴)、APS-C編の作例といきましょうか。ボディはα-57です。

A snow-melting weather

A pleasant day for walking

 まぁ普通によく写るレンズですね。標準的です。

Very Berries

 色もよく、解像度も高いのですが、カリカリにはならないのがやはりフィルム時代のレンズという感じですね。

Decayed

 ずどーんと落としてみました。

Bokeh check

 開放でボカしてみました。ボケ味はカドもなく非常に良好ではないでしょうか。ペンタックスのFA43mm Limitedより素直なボケ味だと感じます。

Fallen on the wall

Half-eaten

Pleasant!

 かなりハイキーにしてみましたが、ちゃんとディテールも残っているのは感心です。

Way home

Stand-by

Waiting for the spring

A tree

 少ーしフレアは出ますが、逆光耐性は概ね良いようです。

Mt. Iwaki

Snowbathing

 上の画は、マルチショットNRで撮ったので、後ろのボケが違和感ある感じに仕上がりましたが、まぁそれも面白かろうということで。

 ここで、少しモノクロで絞りの変化を見てみましょう。

F2.8

 これは開放。畳の目を見ると、深度が浅いのか、周辺が解像しないのか、ぼやけていますよね。周辺も落ちますし、逆に中心付近は解像しているので、スポットライトが当たっているような効果が得られます。

F8

 F8です。ちょっと手ブレしているフシはありますが、画面が均質化するのが分かると思います。

 絞ってやればどんなものもちゃんと解像しますし、開けてやればレンズの面白いクセを楽しめるということで、なかなかいいレンズじゃないですか?筆者は気に入りました。

The Snow Cliff

 トーンもボケも、いい感じで出てるように思います。

Moon over the tree

Half-melt

 うーむ、この溶けかけ感が素敵ですねぇ。

An afternoon street

 ちょっと靄がかかっていたのですが、そんな空気も上手く写していると思います。

 といった感じですが、実はここに出ている画は、全てα57による補正が入っています。特に、撮った後のプレビューで一瞬元の画も出てくるのですが、歪曲に関しては結構な補正が入っているようです。実際α-7に付けて光学ファインダーで確認してみると、糸巻き型の歪曲はあるようで、補正を切って撮ればもしかしたらもう少しダイナミックなパース感のある画が撮れるかもしれないな、と思います。(実は今、α-7にフィルム入れて、28mmで撮っているところなので、それが上がったらまたそのうち上げるかも)

 ま、普段は補正を入れた方が、モノのカタチがキレイに写るので、そうしますが。

 あと、やっぱ42mm換算の焦点距離は、視点が定まらないというか、落ち着かない感じがします。もっともっと練習して、ゆくゆくはFA43mmでもいい画が撮れるようになりたいな、と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この冬のニューカマー1 MINOLTA AF 28mm F2.8 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる