弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団、君の名は。

<<   作成日時 : 2017/01/21 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新鉄人兵団お気に入り度:5(5点満点)

 皆さん、もう「君の名は。」は見ましたか?筆者も、職場の上司の薦めで、先週見てきました。一人で(笑)。

 んー、まぁ、よかったんじゃないですかね。画はキレイだし、筆者はデートのシーンなんかは好きでしたね。

 でもねぇ…。なんか、途中からの展開が、どっかで見たような感じだなぁ……………、とずーっと引っかかりながら見てまして。で、この画風にはこの展開じゃないよなぁ……………こういう展開にはあっちの世界の方が絶対合うよなぁ…………………と。

 で、これですよ。「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団〜はばたけ天使たち〜」。ま、「はばたけ天使たち」は余計な感じもしますが。

 実は、世界に数ある映画の中で、筆者が一番好きな映画だったりします。大山のぶ代の「鉄人兵団」じゃなくて、「新」の方の鉄人兵団。劇中、3回ほど泣きます。見るたび、泣きます。泣けます。

 あまりネタバレするのもあれですが、ま、パッケージに書いてある範囲で言うと、のび太とピッポ(本名ジュド)というロボット、静ちゃんとリルルというロボットの間に芽生えた友情を武器に、地球人狩りをしに来るロボット集団「鉄人兵団」と闘う話です。ピッポとリルルは鉄人兵団の一味っていう設定。

 ドラえもんの映画は、次年度に違うキャラを設定しなければならないという大人の事情もあり(笑)、いつも最後は「別れ」で終わるんですが、この別れの描写が、秀逸すぎまして。しかも、すごくメッセージ性もあり、なんとなく鑑後感がせつなくも爽やかなんですよ、これが。

 ま、なんだか奥歯に物が挟まったような言い方ですが(汗)、「君の名は。」で泣けたよ!という人は、「新・鉄人兵団」、是非一度、手に取ってみてください。ツタヤにも、普通はあります。実は、近所のツタヤにこれだけがなぜか置いてなくて、筆者はアマゾンで買っちゃいましたけど。どーだ、ワイルドだろぅ?(古)

 いーんだ、31回見たら元取れるから(殴)

 あ、二つだけ約束。一つは、アマゾンのレビューを先に見ないこと。もう一つは、声優一覧を見ないこと。とにかく、余計な先入観を持たずに、一度見てみてください。旧世代の声優じゃなきゃイヤだって言う人も、「新」の世代の声優陣を好きになれるチャンスかもしれませんよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団、君の名は。 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる