弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年末東京写んぽ2 with SONY DSC-V1

<<   作成日時 : 2017/03/07 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

Yushima Shrine (湯島天満宮)
12/27 湯島天満宮

 さて、そろそろ時効な気もしますが(汗)、東京写んぽの続編です。12月27日は、用務に出かける前に朝活しました。すげーいいウォーキングになりました。湯島天神と神田大明神の御朱印もゲットしてきましたよー。

湯島天満宮


Yushima Shrine (湯島天満宮)

湯島天満宮


Yushima Shrine (湯島天満宮)

 うーん、朝でも1/15sかー。ブレますよねぇ。

泉鏡花筆塚 (湯島天満宮)

 「筆塚」っていう庭園。

Supporters

 鳥居を支えております。

神田神宮


The gate of Kanda Shrine (神田神社)

Kanda Shrine (神田神社)

The hand washer

Kanda Shrine (神田明神)

 ちょっとフレアっぽいかなー。

Kanda Shrine (神田明神)

 裏側。空の階調は厳しいですが、赤はなかなかいい色出てるんじゃないでしょうか。

Kanda Shrine (神田明神)

Kanda Shrine (神田明神)

護国寺再び


The Gate

Good luck.

 ブレた…って、1/4かよ!

The inner gate

The lantern and Pagoda

 灯籠が木にかぶっちゃったなぁ。

The main dome of Gokokuji Temple

 雨降ってました。

Jizos and the study (大師堂)

Smile


Rainy

 護国寺でも、如意輪観世音(お、ATOK、一発で出た)の御朱印を頂きました。お寺の場合は、ご本尊がお寺の名前とはまた別の名前だったりするので、書いてもらって受け取るのが楽しみになりますね。

帰り


Waiting for the next

Tokyo Station


Tokyo Station

 0.4秒、がんばりました。

 ちょっと曇天になると、スローになっちゃうのが使いづらいところではありますが(そういう点では、画素数は少ないがDSC-S70の方がF2レンズが効いて使いやすい)、その辺使いこなせれば、写りは最高です。またV1片手に出かけようかなー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Kitteがこれだけ収められる位置って、なかなかないですよ。 視点がちょっと上で通行者が邪魔にならない好位置。 何かに乗っかって?
かんてつ
2017/03/08 09:03
あら、そうですか?確か、森ビルの前から、手を精一杯伸ばして撮ったと思います。背だけはあるので(笑)。DSC-V1はワイド端で換算35mm相当ですが、まぁ実焦点距離は7mmなんで、それだけパースが付いてるっていうことなんでしょうね。
しまみゅーら
2017/03/08 21:59
ハイアングルとかローアングルとかがしやすいデジカメ、、いいですね。 FBなんかでも他の方の写真を見ていると、スマホ全盛でクローズアップが多いです。手をいっぱいに伸ばして植物とか。 撮影レンズ鏡筒とセンサー画面をユニットにしてボディーに対して傾けるアイデアを個人出願までしたのですが、なかなかメーカーさんはのってくれませんね。一応、アイデアを評価だけはしてくれますが。
かんてつ
2017/03/09 08:09
 残念ながら、DSC-V1はハイアングルもローアングルもしやすいデジカメではありません。もう15年近く前のデジカメであり、極小豆粒のような液晶しか付いていません。一応光学ファインダーも付いてるんですが、視度補正なし、情報表示も一切なし。つまり、どちらを使っても、かろうじてフレーミングできる程度のものでしかなく、毎ショットが博打のようなものです(汗)。フォーカスも、まだゾーンフォーカスのMFの方が正確かもしれません。中央一点で、合ってると信じてシャッターを切るのみです。

 先述の写真に関しては、よって、ほぼノーファインダー状態です。スナップだと、このくらい「ファインダーの使えない」カメラの方が、適当にガンガン撮るのに向いている…なんてことはないか(汗)
しまみゅーら
2017/03/09 22:07
ネットでみたら、このカメラ、ケプラータイプの実像光学ズームファインダーのようですね。懐かしや、、台湾のメーカーの仕事で設計したことがありますが、樹脂プリズムの吸水性で視度が変わってしまったり、ゴミが目立ったリ、、難しいです。コンパクトフィルムカメラ時代は全盛でしたけど(というよりこれしかなかった)。 それにしてもうまくフレーミングが決まってますね。平衡感覚が弱くおまけに方向音痴な僕には無理ですね(関係ないか?)
かんてつ
2017/03/10 08:56
ありがとうございます。ま、ノーファインダーなんで、たまたまです(笑)

この時代のコンデジのズームファインダーの設計は、難しかったんだろうなぁ、と思います。歪みもあるし、ズーム連動も厳密にはうまくいっていない(画角が微妙に違う)し。視度も合わないし、水平すらずれていることがあります。もっと言うと、必ず手のかかるところにファインダー窓があるので、ファインダーにいつも手が写っているのもなんだか(汗)

バッテリー容量が少ない時代なので、フレーミングさえできる程度の出来であれば、液晶を止めて稼働時間を増やすことはできました。でも、V1の場合はそれもままならないです。写りが素晴らしいので、なおさら液晶を含むファインダーがもっとよければ…と思います。

まぁPCに取り込んで初めて発見するスマッシュヒット、というのも、このカメラの味じゃないかな、と思うことにしています。大事な場面ではRX100の方が、手ぶれ補正も入っているし、確実です。
しまみゅーら
2017/03/11 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年末東京写んぽ2 with SONY DSC-V1 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる