弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひたすら列車旅3-3 津軽鉄道ストーブ列車

<<   作成日時 : 2018/02/18 22:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

The stove on the train

 間が開いてしまいましたが(汗)

 さて、本題のストーブ列車です。2013年と、2014年にも乗りました。

 かつてはDD352というディーゼル機関車が牽引していましたが、現在は機関車が走れず、津輕21形2両挟み撃ちで走っています。筆者が高校生の時点では普通に無料で乗れたストーブ列車も、今やストーブ列車券がないと乗れなくなりましたが(車両維持に使われています)、その代わり観光資源として貴重な役目を果たしています。

 ということで、ギャラリーのスタートです。

The destination

The deck

 以前通学列車だった頃は、このデッキのドアを開けっぱなしでベトナム風に開放感満点で乗っていました。

Seen from the deck

 外に直でつながっています。

The conductor's room

 向こうに売り子のおじさんが見えますね。ガチの津軽弁で話しかけてくれます。

The classical seats

 シートのスプリング感ハンパないです(笑)

On fire

 燃えてます。

The stove train

 大きめに。

Surume on the stove

 名物のスルメ。

The Surume Cook

 おじさんがこうやって焼いてくれます。

Enjoying surume

Stove Train Dorayaki (apple jam inside)

 ストーブ列車のどら焼き。リンゴジャムが入ってます。筆者は好きです。

 ここからしばらくDSC-RX100の写真です。

Sake on the Stove Train

Stove sake (Be careful not to overdrink)

 普段は列車であまり酒を飲んだりしない筆者ですが、たまには、ということで一本いただきました。

The beaks

 こういう唇の漫画描く人いますよね。

Taking care of the coal

Taking care of the coal

 やっぱRX100いいですねぇ。

 ここからK-30に戻ります。

Building snow wall

 防雪柵を作る人も、

Good-bye

Seeing off

 喫茶「駅舎」の人も、手を振ってくれます。

Leica Ojisan

 おっちゃん、ライカで撮ってます。

My home village

 筆者の故郷です。

An endless white land

The Tsugaru Plain

The scenary from the stove train
XPERIA X-Performance

 Snow / Stove ... Best Match!(殴) 窓は小さいけど、ストーブのある雪景色は絶景です。

 余談ですが、スパークリングとか、スクラッシュとか出始めてからは、ボトルがベストマッチかどうかってあんまり気にしなくなったし、みーたんも活躍しなくなったし、科学感も薄れていつもの仮面ライダーって感じになってきたような気がします。惜しいなぁ。ま、今後に期待です(謎)

 もう少し続きます。



【中古】 津軽鉄道「ストーブ列車」津軽五所川原?津軽中里往復 /(鉄道) 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
(鉄道)販売会社/発売会社:ビコム(株)(ビコム(株))発売年月日:2008/03/21JAN:49

楽天市場 by 【中古】 津軽鉄道「ストーブ列車」津軽五所川原?津軽中里往復 /(鉄道) 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひたすら列車旅3-3 津軽鉄道ストーブ列車 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる