弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS まろやかな実用ペン 無印ポケット万年筆

<<   作成日時 : 2007/11/13 18:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

無印ポケットお気に入り度:2(5点満点)

 巷では評判の、無印良品の万年筆です。長めの丸軸もあるけど、筆者のはオートの「タッシェ」というペンのOEMという噂のペンです。

 このペンの最大の特徴は、キャップを締めると10cmに満たないコンパクトな全長です。でも、キャップを尻軸に差すと、14cmほどの長さになり、その状態でペンとしての完成形になる、というものです。斬新!な感じもしますが、70年代のポケット万年筆は全てそういう構造なので、知っている人は逆に「懐かしい」という感じなのではないでしょうか。でも、アルミ軸なので、キャップを尻軸に挿す時擦れると鳥肌が立ちます(文章にするのは難しいですがやってみると分かります)。

無印ポケット 無印ということで、外見は至ってシンプル。アルミむき出しの質感です。「シンプルなだけに飽きが来ない」とよく言われますが、筆者はあんまり好きじゃありません。シンプルすぎて、印象に残らないというか。シンプルなだけに、すぐ飽きたというか。そもそも、シンプルなことと飽きが来ないことって、相関関係はないと筆者は思います。同じ無印でも、ポケットじゃないアルミ軸万年筆なら少しはマシかもしれませんが。

 さて、この万年筆のペン先は、カトウセイサクショやロングプロダクツでおなじみの、ドイツ・シュミット社製。知ってる人には、「いつものペン先」です。1000円級の万年筆としては、綺麗な模様も彫られてるし、なかなかかっこいいのではないでしょうか。ただし、線幅はF(細字)ですが、ペン先はドイツ製のため、#3776の中字よりも太い細字です。注意が必要。

 で、このペン先の書き味は、一言で言うと「まろやか」。国産にはありがちなサラサラ・シャラシャラという筆記感がなく、スムーズではあるけどツーッとは滑らない書き味が、なんとも「まろやか」な感じがするのです。書き味に、ストレスは感じません。

 とりあえずポケットに挿す万年筆が欲しいなぁ、と思っている人には、まぁまぁオススメしてもいいかな、と思います。でも、小さいペンなのに線幅が太いので、書類作成とかにはちょっと使いづらいと思います。んー、もう少し線幅が細ければ使い道もあるだろうに、ねぇ。中途半端なんだよなー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、しまみゅーらさん
お子様無事誕生されましたか?
また遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。

しかし、無印良品、こんなミニペンも出していたのですね、しりませんでした。
シュミットのペン先、なかなかいいですよね。
万年筆インプレ広場にインプレッションを寄せてありますがペン芯はヴィトンも変わりません。
そう考えるとお得??
二右衛門半
2007/11/23 07:17
 二右衛門半さん、おはようございます。

 23日未明、ついに我が子が誕生しました!なんだか、自分が父親になったのだと思うと、緊張するやら照れくさいやら。しばらくネットできない環境にいたもので、返信遅れて申し訳ありません。

 誕生日コメントも、ありがとうございます。しばらくは忙しくなりそうですが、今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m

 シュミットのペン先は、結構いい感じですよね。私のはインクフローはそんなによくないのですが(入れてるのがペリカンのブルーブラックなので…)、ヌラヌラまでは行かない適度な滑らかさが私は好きです。

 このペンポイントで金ペンがあればなー、と思いますけどね。カトウセイサクショとか、モンテベルデ(もたぶんそうですよね)とか、デザインで惹かれるものはあるんですが、無印と同じ鉄ペン、というので二の足を踏んでいるものが結構あります(こういうところにこだわってるのが小せぇな自分、とは思いますが^^;)。
しまみゅーら
2007/11/29 10:17
インプレ広場に掲載してありますがロングプロダクツもいいですよ。
シュミットのペン先です・・・。

カトウセイサクショカンパニーのは残念ながら持ってませんね。
加藤さんが倒れられたときのヤフオクの値上がりっぷりは凄かった!!

あと、カヴェコもシュミットですね。
二右衛門半
2007/11/30 07:16
 ロングプロダクツ、ボールペンでいいからアセチロイドが欲しかったです。ペンハウスで売り切れ表示がなかったからオーダーしたら、返信で「在庫がありません」と。買い時を逃してしまいましたね。残念!

 カヴェコはインクローラーのイメージしかなくて、よく知らなかったのですが、万年筆もあるんですね(昔はもっと栄えてたみたいですね)。チェックせねば!
しまみゅーら
2007/11/30 09:40
ロングプロダクツのアセチロイド、実は持っています。
私が購入しなければしまみゅーらさんにまで回っていたかもしれませんね。。。
でも、実物より写真の方がいいような感じです。

フジZのフリーペン、コレクションとして持ってますよ。
ロットリングの製図ペンと同じようなタイプです。
モンブランも昔同様の機構を出していたようですね。
二右衛門半
2007/12/01 06:23
ロングプロダクツのアセチロイドはプレゼントにと思っていたのですが、違うのにしました。時期が時期だったので、たぶんそれよりだいぶ前に売り切れてたと思います(^^;)。

フジZとはどこのメーカーですか?カメラ屋さん?興味ありますー。
しまみゅーら
2007/12/03 07:59
フジZとはロングプロダクツの前身です。
製図ペンメーカーとしてはそれなりに有名だったはずですが取引先のおありを食って10年近く前に倒産しました。
今のロングプロダクツはいかにも手作り感にあふれていますがフジZ時代のはいかにもメーカー品といった感じとなっています。
最晩期のBPを持っていますが、アクリル製の軸が非常に美しく、私の持っている筆記具の中でも最も好きな物のひとつとなっています、希少性もとんでもないですね。
二右衛門半
2007/12/03 08:08
 へぇ!そうなんですか。すごくレアな感じですね。ネットで検索しても、カメラ関連のしか出てきませんでしたから(^^;)。
 筆記具も、歴史をたどると色々おもしろいことがあるもんですねー。(^^)
しまみゅーら
2007/12/03 20:02
レアどころか、幻と呼んだ方がいいかも。。
正規販売はされなかったのではないかな?
藤井さんに尋ねたところ、もう入手不能だ、と聞かされました。
二右衛門半
2007/12/06 08:20
 2,000のキリ番を自分で踏んでしまった…(^^;)。

 幻と聞くと、現物を見てみたくなってきますね(^^;)。藤井さんって、
ユーロボックスの藤井さんですよね。一瞬、フジZのフジって…と思って
しまいました(^^;)。
しまみゅーら
2007/12/06 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
まろやかな実用ペン 無印ポケット万年筆 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる