弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS 極上!ポートレートレンズ canon FD 85mm f1.8 s.s.c.

<<   作成日時 : 2013/08/31 17:03   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

お気に入り度:5(5点満点)

 FTb用のレンズとして、一つ、気になっていたのがありました。こちらで「世界最高レベル」と謳われるFD 85mm f1.8です。上記サイトはNew FDの方ですが、基本設計はその前身のFD 85mm f1.8 s.s.c.もほぼ同じということで、「使える中望遠」として揃えておきたい一本でした。

 ということで、広角系をミノルタに任せることにして、FTbには標準〜中望遠あたりを担当してもらうことにしました。MD W.ROKKOR 24mm f2.8とほぼ同時期にオクで落としたのが、ここに紹介するFD 85mm f1.8 s.s.c.です。フードやフィルターは付いていませんでしたが、FD 50mm f1.4のやつが流用できたのでとりあえずそれで。

 作例を早速。フィルムはFuji SUPERIA 200、データ化は岩手のプリネットワンです。

躑躅と蜘蛛の巣

木

メロン
植物の質感がいいですね。ボケ味も優秀。
ひこうき雲
ひこうき雲が3筋。何かの演習?夕日の反射も美しい。
Yes, Sir!

道草

信号待ち


 いやぁ、面白いですねぇ、85mm。コンデジのズームレンズだと、85mmといえばテレ端に近い画角ですが、「ズームで引き寄せる」のと、「最初からこの画角」なのでは、意味合いが全然違うんですね。今ある視界から「85mm分だけ切り取る」のは、とても面白い作業だと思いました。

 難しくてシャッターチャンスを逃すこともしばしばですが、小さな息子も全身ではなく顔だけ、脚だけ、上半身だけ、という構図になり、体のパーツの表情が克明に写ります。顔だけではなく、手も、背中も、脚も、何かを「語って」いる。それがファインダーから伝わってくるのが実に楽しいです。かといって、近すぎて入れたいものが入らないということもない。85mmがポートレートレンズと言われる所以が少しだけ理解できたような気がします。

 ボケの美しさもまた、特筆ものです。f1.8と比較的大口径なこともあり(ま、この上にf1.2Lという伝説のレンズがあるわけですが)、被写体を実に生き生きと浮き上がらせてくれるいいレンズではないでしょうか。50mmより気に入ってしまいました。少々重いですが、それだけにじっくりと被写体に向き合い、丁寧にシャッターを切ることができるように思います。

 APS-Cのデジカメというと、50mmの方がこれに近い用途になるわけか(APS-Cに85mmはちょっと長すぎかなぁ。)。それもまた、一興ですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
極上!ポートレートレンズ canon FD 85mm f1.8 s.s.c. 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる