弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の桜3 Cyber-Shot DSC-V1

<<   作成日時 : 2017/04/24 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

Sakura 2017

 今日は行事の振り替え休日ということで、DSC-V1を持ってお写んぽに出かけてみました。DSC-V1は、ファインダーと液晶がテキトーなのもあり、じっくり撮る…というよりは、思いつくままどんどん撮る感じで、撮影枚数は一眼よりずっと増えます。

 で、PCで取り込んで見ると…実にいい写りで、ハズレもそんなになくて、実は一眼で撮るよりいい結果だったりするんだな、これが。

 センサーはまぁダイナミックレンジも感度も低い昔の500万画素のCCDっていう感じなんですが、組み合わさるレンズが超絶的に素晴らしいのです。特に晴れの日にちゃんとピントが合っている写真は、(絞られているせいもあって)現代のレンズでもなかなか出せないほどのシャープさと立体感で、やや浅めの色遣いもあって実にリアルな空気感なんです。さすがはツアイス。

 ということで、そんな写りをしばしご覧ください。

Ume

 まずは梅(しつこい)

Camellia

 そして椿(コラ)

Sakura 2017

 本日、満開です。

Sakura 2017

 このスッキリした空の青さが好きなんですよ。

Sakura 2017

Sakura2017

 ダイナミックレンジには少々気をつけないと、すぐ飛びます。

Sakura2017

 スゲくないですか、この一枚。

Sakura2017

 換算135mmまで伸びるのも、たまにはいいです。

Sakura2017

Sakura2017

Sakura2017

Sakura2017

Sakura2017

 ボケ味もいいですねぇ。

Sakura2017

 マクロモード。ワチャワチャ感。

Sakura2017

 続・ワチャワチャ感。

Sakura2017

Sakura2017

Sakura2017

 えーと、ここ、公園じゃないような気が(笑)。テレ端の圧縮感もそれなりにあり、空気感が増します。

Sakura2017

Sakura2017

 遠景は甘めです。無限遠が出てない感じ。

Sakura2017

Sakura2017

Going Home

Camellia

 ついでに。浅めの色と書きましたが、こんな色も出せます。

Friends under the sakura trees

 ということで、このカメラも気が向いたらまだまだ愛でていきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
気ままに撮られているにしては素晴らしいショットの連続。桜を堪能しました。ところで記事の最後に合った言葉”思いつくままにどんどん撮る感じで、撮影枚数は一眼より増えます”実際の現場でのご発言、貴重だと思いました。我田引水になりますが、そういうカメラを考えていてフェースブックに投稿したりしています。SNSはお嫌いなようですが、アドレスをコピペしておきます。もしご覧いただけたらうれしいです。
https://www.facebook.com/toru.kando.3/posts/778245478943534
かんてつ
2017/04/27 19:03
 ありがとうございます!恐縮です。

 DSC-V1で大事なことは、3点あると思います。

1.AFが正確であること。
2.レンズが素晴らしいこと。
3.ファインダーがショボいこと。

 ファインダー(液晶)がショボいので、フォーカスフレームを中心にして、画面の中央にあるものにフォーカスし、フレーミングを整えて、あとはほぼノーファインダーです。取り込むまで取れ高不明という(汗)。でも、レンズが素晴らしいと、意外と見られるショットが撮れてたりするわけですね。

 案外、見づらいファインダーっていうのも乙なものです。今だと売れないと思いますがね。(笑)

 かんてつさんのご提案は、かつてのサイバーショットF700系のスイーベル構造に近いものですね。率直に言うとチルト液晶との差別化とコスト問題のクリアが難しそうですが、こういうのもあると面白いと思います。
しまみゅーら
2017/04/27 22:38
しまみゅーらさんはよくご存じですね。確かに古いサイバーショットに同じようなのがありました。スイベル角度の問題はありますが、従来のコンデジ、ミラーレスの構え方では、チルト液晶より確実に使いやすい、と思います。今のデジカメがおしなべて従来の銀塩と同じスタイルなんですが、フィルムを引き出して巻き上げるという物理的な制約が少ないデジカメはなんでもっと自由になれないのか、、作る立場からすれば、自由になれずにスマホに押されまくっているのが悲しいんです。
かんてつ
2017/04/28 08:55
 RX100やV1を使っていて思うのは、やっぱコンデジはレンズだなぁ(いや、コンデジじゃなくてもだけど)、ということです。スマホを凌駕するクリアでボケ味のいいレンズの写りは、確かに訴えるものがあります。

 カタチや機構の独自性がもっと欲しい!というのは確かにあります。しかし、レンズやAFの正確性を犠牲にすることだけはないように、写りであっと言わせるコンデジになったらいいな、と願っております。
しまみゅーら
2017/04/29 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の桜3 Cyber-Shot DSC-V1 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる