弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS F8でゾクゾク解像度 Super-Takumar 55mm F1.8

<<   作成日時 : 2017/08/08 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いやぁ、本当はK-30にFA43/1.9Lim.とかM50/1.7とかの作例を紹介しようと思っていたのですが、昨日たまたまα57にスーパータクマーを付けて、昼にコンビニまで写んぽしてみたら、ビックリするような画が撮れたので、そちらを先にご紹介することにしました。今日はカメラ2台分なんで、長いですよ。

1.α57 + Super-Takumar 55mm F1.8


α57

 まずは、α57と旭光学(ペンタックス)Super-Takumar 55mm F1.8です。昨日はどピーカンで、そもそもF8くらいまで絞らないとシャッタースピードがついていかないくらいだったのですが、F8に絞ったときの画が!!どえらい解像度で驚いてしまいました。ということで、何枚か。F8で撮ってます。


Glory

A lily

 まずは花の質感。ユリは最短です。花や蘂の微妙なテクスチャが見事に描かれています。

Berries

Still want to cool you down

 どうですか、この扇風機の輝き!丁寧にメンテされてきたけど、ついに部品もなくなり、動かすことがままならなくなってしまった…というストーリーまで感じさせる仕上がりじゃないかな、と思います。

Stay clear

 このカモメを、等倍で切り出してみました。(撮影時は、5Mで撮影)

しっぽ

 等倍で見ても余裕で解像してる!すげくないですか、これ。50年前のレンズですよ?

Sharp lines

 こちらも、等倍で切り出し。(こちらも5M)

アザミ

 ホント脱帽です。だって、ワンコインですよ!?

Now I'm born

 それでいて、開放するとソフトフォーカスか!?というくらいにふんわり。もう、最高すぎて言葉が出ません。これ一本でふんわりもシャッキリも自由自在。F8の解像度なんて、現行レンズ要らないくらいですよね。

Yeah! Sunshine!!

 真逆光も、雰囲気がイメージ通り!パーフェクトです。

2.X-E2 + Super-Takumar 55mm F1.8


X-E2


 今日は、富士のセンサーだとどう写るのか?ということを試してみたかったので、X-E2にマウントして撮ってみました。基本的にF8です。あと、フィルムシミュレーションはPROVIAです。

Breakfast

A morning

 α57と比べるなら、Velviaの方がよかったですね。

Old and new

The Bucket

On the bridge

A buckle

 サビの質感とか。

Still green

Sharp

 こちら、昨日と同じ被写体ですが、切り出ししてみました。(撮影時16M)

アザミ

 さすがに16Mからの等倍切り出しだとぼやけてはいますが、でもこれだけ写れば大した物でしょう。

On the bridge

 こちらも、鳩を切り出してみました。(撮影時16M)

鳩

 こちらも、16Mからの切り出しなので少々とぼけてはいますが、最大画素で撮っておけば、トリミング耐性はかなり高いと言っていいのではないでしょうか。

Nutritious

A typhoon is coming...

 台風接近中です。

3.カメラ・ブラケティング


 同じ被写体を撮り比べてみました。

A horn
α57

The morning call
X-E2

Light and shadow
α57

Peeping
X-E2

 X-E2は、最短です。微妙に外した&ブレたかな?(そういう意味で、α57の方が相性はいい)

Summer colors
α57

Tri colore
X-E2

Going
α57

Old enough
X-E2

 ついでに、開放の画はというと…

A rest in the shade
α57

In the shade
X-E2

 中心はいいですが、周辺にいくに従ってやはり解像度が落ちます。でも!これは持ち味!ちゃんといい位置に被写体を持って行き、周辺をフワッとさせることで、非常に幻想的な描写に仕上げることが可能です。

 一つだけ欠点があるとすれば、解像度は凄まじいですが、コーティングのせいか、色のりがややあっさりしているかな?ということです。ま、これについてはヴィヴィッド系のモードである程度は解決できますから、大きな問題ではないように思います。

 ということで、どっちが相性いいかというと、

1.手ブレ補正が入っていてハンドグリップ良好なα57の方が日中は使いやすい!

2.暗いところでは、X-E2の高感度性能が物を言うが、α57も、手ブレ補正とマルチショットNRの組み合わせで頑張れるので甲乙付けがたい。

ということで、軍配は……α57に上がりました!よって、今後もこのスーパータクマー、α57の中望遠レンズとして活躍させていきたいと思います。安いし小さいし写るし、本当にオススメですよ。状態さえ良ければ、少し後のSMCタクマーの方が、もしかしたら色のりはいいかもしれませんね。そちらもオススメです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F8でゾクゾク解像度 Super-Takumar 55mm F1.8 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる