弘法よ、筆は選べ

アクセスカウンタ

zoom RSS お写んぽレンズ K-30 + smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

<<   作成日時 : 2017/08/09 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FA43/1.9Lim.お気に入り度:4(5点満点)

 さて、お待たせしました(待ってねーっつーの)。K-30にsmc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited(以降FA43/1.9Lim.)を組み合わせた作例をご紹介です。イケメンボディに今イチ色が合っていないイケメンレンズですが、APS-Cでどんな写りをするのでしょうか。

 最初はカスタムイメージ「ナチュラル」で、余計な色づけのない画から。まだ慣れないのでPで撮ってます。基本、絞った画です。

CARINA
f4.0

A morning scene
f5.0

Hydrangea
f5.0

Babies
f5.0

Dizzy
f4.5

 まずは晴れの日の、少し絞った画から。これはさすがの現代レンズといった解像力です。AFもきちんと合っていますし、まずは順調です。

 お次は、お気に入りの「雅」で、夕方のお写んぽ。

Under the light
f4.5

MIYABI colors
f5.6

 紫が雅って感じですね。

Footprints
f14

 何をどう間違ったのか、f14って。この時もPだったかな?

Can't I play with it?
f5.0 「乗っていい?」

Rails
f7.1

 遠景は絞ってもバキバキにはならないです。いい感じに軟らかさがあります。

Lines above
f7.1

 対して、このくらいの距離ではパキッとします。

Bus and the sky
f7.1


 縦位置で。

Alaska in summer
f5.6

A street
f5.6

Dressed in red
f2.8


We're open
f5.6

See you next winter
f4.5

 条件次第でいい感じのフレアが起きることも。

Heading home
f7.1

Under the bridge
f10

 ちょっと調子に乗ってたくさん載せましたが、絞った時の画は概ね良好なようです。スーパータクマーほどバキバキに解像するというわけでもなく、少し軟らかさを持たせたチューニングは、色のりの良さも手伝って「画」としてのまとまりの良さを見せてくれます。

 ま、この軟らかさは必ずしもレンズ自体のチューニングだけではなくて、センサーのチューニングによるところもあるのかな、とも思いますが。(奇しくも、α57とK-30は同じセンサーだという話です)

 次回、同じFA43/1.9Lim.で、絞りを開けた画をお届けします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お写んぽレンズ K-30 + smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited 弘法よ、筆は選べ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる